配信者だからこそ、ゲーマーは自分の場所を持つべき

配信者だからこそ、ゲーマーは自分の場所を持つべき

Twitterで思いつくままに呟いて、都合が悪くなったらアカウントを乗り換えてく。そんな日々も悪くはないけど、たまには自分はココに居ます…という「自分の居場所」を持つのもオススメです。

 自分のチャンネルを持とう

ブログでもYouTubeチャンネルでも何でも良いので一つ作りましょ。

自分はココに居ます感が出れば何でも良いけど、簡単に移動できないようなものが良い。

今、見てくれてるのは、Web上にあるKuuGamingのサイトよね?

そこに置いたもの(動画や記事とか)は、良くも悪くも、いつか自分のファンになってくれた人に対してのコンテンツになるから。

どんなものでも、人によって受け取り方が違うので、最初は質より量を目指す。

自分が良いと思っても評価がイマイチだったり、その逆もあったりするので。妥協できるところはなるべく妥協していく。最初はね?

例えば、Twitchなら配信がそのまま保存され、コンテンツになる

コンテンツを溜めておけば、たまたま見つけたバンドの曲が大好きになって、過去の曲を聞いてみたらもっと良かった!その時と似た感動をあげられる可能性がある。

自分の居場所の入り口は多い方が良い。

何かを言えば責任が伴うという感覚

ネット上で喧嘩したり、ゲーム内チャットかなんかで罵声を浴びせて士気を下げたりと…。

先に言いますが、全く得しませんね。

というか逆に損しかない。

自由に言っても逃げられるのネットの気楽さを便利に使うのも良いけど、本当に言いたい&伝えたい事があった時、それまで何も築いてきてない(無責任な)人の言うことなど、誰も見ていてくれないし、信じてもくれない

急に世界を変えたくなって本気で「〇〇活動をします!」って言っても、今まで何も残してこなかったら、「あぁあ、また変なの出てきたな」的な感じになって、一部のひやかし好きの人に玩具にされる。それでモチベ的にどうです?最後まで活動できそうです?

できるならいいけど、わざわざ辛い方を選ばなくても…って思っちゃうな。

自分の居場所があれば、「ココに居ますよ、いつでもどうぞ」っていう感じで構えられる。

ふわふわした感じではなく、ココにいるよ!という感じで。

いつでもTwitterで待ってますよ

なかなか見つけてもらえないだろうけど、見つけてくれた人達を少しでも楽しませたり助けたり出来れば、良いじゃないかと!

最後に

短いですが、このエントリーは最初、「引っ越し完了報告」として書いてました。

はてなブログやサーバー、ドメインについてなど。

でも、ココに来るゲーム好きな人には、「そんな事を言われても…」ってなると思ったので、全部消して別角度から書きなおしました。いろんな思いも込めて。

どんなチャンネルでも良いので、自分の居場所を作ること!

さくっと終わらしちゃいますが「ほんとこれ」です。

また何かあれば追記したいと思ってます。

ではでは。

 

あ、ちなみに、今はまだ当時のURLは生かしてあります。

http://kuugaming.hatenablog.com/

ま、アクセスしても、こっちに飛ばされるようにしてあるので、一瞬しか見れませんがw

Blogカテゴリの最新記事